ブログピックアップ

ネット内で話題になっている記事をピックアップ!

マウスウォッシュでがんになる?販売会社に問い合わせしてみた結果

リステリンでガンになる?

今回、ご紹介するのはマウスウォッシュの正しい使い方になります。

マウスウォッシュでうがいするとサッパリするので、使われている方はかなり多いのではないでしょうか。

 

私自身も10年ほど使っており、マウスウォッシュの代表とも思える「リステリン」を愛用しています。

愛用者も多いマウスウォッシュですが、ネット検索すると「マウスウォッシュを使うとがんになる」やさまざまな障害が起こる可能性があるなど、情報が錯綜しています。

 

そこで今回は、マウスウォッシュの正しい情報と正しい使用方法をご紹介します。

記事全文を読む

マウスウォッシュを使うと、がんになるって本当?

ネット検索していると、「マウスウォッシュにはラウリル硫酸ナトリウムが入っており、経皮毒の危険性がある」や「発がん性物質を含んでおり、肝臓や腎臓に障害が起こる可能性も考えられる」など、使ったら恐ろしい情報がたくさん見つかります。

また、うがいし過ぎると必要以上に菌が無くなり、防衛機能が低下するという情報も出てきます。

 

怖い事ばかり書いてあるので、これから使おうと思っている方や普段私のように使っている方は気になるのではないでしょうか?

長年マウスウォッシュを使用していた私にとっては不安な事だらけです。

 

そこで、私も使っているリステリンの「ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社」へ問い合わせしてみました。

私「ネット検索していると、マウスウォッシュを使うとがんになるや、ラウリル硫酸ナトリウムが危険などの情報を見て不安なのですが・・・」

リステリン担当者「そのようなネット情報がある事は、弊社でも確認しております。
ネットに掲載されている情報は、一部の教授や歯科医が発表しているもので、弊社としての考えは違うものになります。
ラウリル硫酸ナトリウムも原液ではなく、ごく薄い少ない量ですので安心して使用できます。」

私「確かに、本当に危険だったら普通は販売しないですよね?」

リステリン担当者「はい、弊社のマウスウォッシュは100年以上の販売実績もあり、独自で臨床試験も行っているので、問題無しと判断した商品だけを販売しております。
安心してください。
また、ごく一部の歯科医や教授が学会で発表しているようですが、がんになるや菌が無くなってしまうなど弊社では確認できておりませんので安心してご使用ください。」

私「そうなんですね。では1日の使用回数についてはどうでしょうか?」

リステリン担当者「はい、これもあまり使い過ぎると必要以上に菌がいなくなってしまうなど言われていますが、そんなことはございません。
使用方法は、朝昼夜の歯磨き時に使っていただいたり、スッキリしたい合間にも使っていただいて構いません。
ただ、歯磨き代わりにマウスウォッシュだけの使用は止めていただきたいと思います。」

私「そうなんですね。つまり、歯磨きは朝昼夜行って補助的にマウスウォッシュを使えば良いってことですか?」

リステリン担当者「はい、おっしゃる通りです。
中にはマウスウォッシュだけで終わらせる方がいるようですが、マウスウォッシュで全ての汚れは取れないので、必ず歯磨きなどブラッシングを行うようにしてください。
また、もしマウスウォッシュの使用が気になるようでしたら、かかりつけの歯科医に相談してから使っていただきたいと思います。」

私「ありがとうございます。
あと、インプラントや銀歯など治療した歯があるのですが、そのような状態でもマウスウォッシュは使っても大丈夫ですか?」

リステリン担当者「はい、もちろんでございます。
一部の教授や歯科医は「インプラントは溶けるからマウスウォッシュは使わないように」という方もいるようですが、溶ける事は無いと確認できておりますので安心してお使いください。
もし、不安な場合はこれもかかりつけの歯科医に相談してみてください。」

私「教えてくれてありがとうございます。
これからもリステリンを使い続けます
すごく丁寧に説明していただき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社には感謝いたします。」

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社へ確認した内容をまとめますと以下になります。

  1. マウスウォッシュでがんになる事は考えられない
  2. ラウリル硫酸ナトリウムもごく少量なので健康被害は考えられない
  3. 1日の使用回数も気にせず使って大丈夫
  4. インプラントや銀歯があっても溶けることは無く、使うことが出来る

ネット情報の中には、歯科医や専門の教授の発表の内容で本当の事もあるとは思いますが、デマ情報もあるようですので注意が必要ということですね。
ネット内の全ての情報を素直にそのまま受け止めない、って事も大切って今回の件で分かりました。

歯磨き代わりにマウスウォッシュは止めた方が良い

リステリンを販売しているジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社も言ってたように、歯磨き代わりにマウスウォッシュでうがいだけするのは危険ということが分かりました。

しかし、歯磨きが面倒臭いという方が非常に多く、歯磨きをしない代わりにマウスウォッシュでうがいして終わってしまっている人がいるようです。

マウスウォッシュは、歯垢に対して効果が無いようですので、うがいだけで済ませている人は、どんどん歯垢が溜まってきているということになりますよね。

そうなると虫歯の原因がどんどん増えてきて危険な状態になります。

朝昼夜の歯磨きはブラッシングや歯磨き後にマウスウォッシュするなど、必ずブラッシングは行うようにしましょう。

虫歯菌撃退?私が行っている歯のケア方法

口臭改善や虫歯が出来にくくなった私がオススメのケア方法をご紹介します。

この方法は1年ほど前から行っており、ケアを行って以来、口臭改善や虫歯になりにくくなった方法になります。

 

まず、当然の事ですが朝昼夜の歯磨きは絶対行いましょう。絶対ですよ。

普通の歯磨きはとても面倒臭いですよね。そこでソニッケアーを使用します。

 

ソニッケアーは歯科医も奨める電動歯ブラシで音波で汚れを取ってくれます。

歯や歯茎ポケットに当てるだけなので、歯ブラシのようにゴシゴシ動かす必要がありません。このソニッケアーを使ってから歯がツルツルしてきて、口臭改善にも繋がったと思ってます。

そして、夜の歯磨きが終わってからマウスウォッシュですすぎ、最後に1回だけ水ですすいで終わりです。

マウスウォッシュはあくまでも予防対策で1日1回すすいでいます。

マウスウォッシュの成分を少しだけ残しておきたいため、水は1回だけすすいでいます。

 

このような方法を1年前から行っていると、今まで定期的に虫歯治療を行っていましたが、かなり治療回数を減らす事ができました。

虫歯に悩んでいる方や口臭改善したい方は、もしよかったら参考にしてみてくださいね。

記事を閉じる

この記事を元サイトで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP